サプリメント

生活に注目

増えることで起こる健康上の問題

老人

ldlコレステロールとは、体に害をなす悪玉の脂肪のことで、これが体内で増えれば増えるほど、健康状態は悪くなっていきます。 ldlコレステロールが増えると、まずは血液がドロドロになって流れにくくなります。さらに血管壁にldlコレステロールがこびりつくことで、血管が狭められて、血液が一層流れにくくなります。 血液は、全身に栄養分を運ぶために流れているので、その流れが悪くなれば、体の栄養状態はどんどん悪くなっていきます。その結果内蔵の機能が低下したり、体を元気に動かすことができなくなったりするのです。さらに流れにくくなった血液が固まって血管内で詰まると、脳梗塞や心筋梗塞が引き起こされることもあります。 そのため多くの人が、ldlコレステロールを増やさないような食生活をしたり、ldlコレステロールを減らす効果のあるサプリメントを飲んだりといった努力をしています。

食生活の改善と運動とサプリメント

ldlコレステロールは、脂肪分の多い食品を食べることで増えていくので、増やさないようにするには、脂肪分の摂取を控えることが有効です。また、脂肪は代謝によってどんどん燃焼されていくので、代謝を良くするためのウォーキングや筋トレなども非常に有効です。そして血液の塊は、脂肪分の摂取によって大きくなりますが、代謝によって脂肪が燃焼されれば小さくなっていきます。小さくなると、血管内で詰まらずに流れていくようになるので、食生活の改善や運動は、脳梗塞や心筋梗塞の予防にも効果的と言えます。 また、ldlコレステロールを減らすには、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸のサプリメントを飲むことが有効です。不飽和脂肪酸は、血管壁にこびりついたldlコレステロールをからめとりながら、体外に排出されるのです。