サプリメント

予想で考える

今後、ldlコレステロールが高い人は増加すると予測されます

老人

ldlコレステロールは、血液の中に基準値よりも多くある状態でも、自分で気が付くことはできません。しかし、ldlコレステロールが高い状態が続くことによって、体中の血管が痛んでいきます。なぜなら、ldlコレステロールは悪玉コレステロールともよばれ、血管の内膜にもぐりこみやすく、血管壁を厚くしてしまうからです。 そして、血管壁が厚くなってしまうことで、血液の流れが悪くなり、そこへ脱水や食生活などによりドロドロになった血液が流れると、血の塊ができやすくなります。このような血の塊ができることで、心筋梗塞や脳梗塞などの病気を引き起こす可能性があります。 原因は偏った食習慣や運動不足などですが、多忙や食の欧米化などにより今後もldlコレステロールが高い人は増加すると予測されます。

定期健診と体に良い生活習慣を心がけることが大切です

そのため、ldlコレステロールを下げる作用のある薬剤やサプリメントも開発されていますが、大切なことは自分のldlコレステロール値を知っておくことと、ldlコレステロールが上昇しないために、体に良い生活習慣を心がけることです。 自分のldlコレステロールの値を知るためには、血液検査を受けなければいけません。血液検査を行っているのは、内科などの病院をはじめ、健診や献血などです。そのため、一度は血液検査を受けて異常がなければ様子をみても良いですが、基準値より高ければ病院で定期的にみていくことが必要となります。 生活習慣では、運動を心がけ、動物性の脂質を摂り過ぎないようにするとldlコレステロールが上昇しにくくなります。